左足のペテン師

ライン際からクロスをあげたり。
中に切れ込んでシュートを打ったり。
<< 「福は内」なんて高望みはしないから。 | main | 希望雇用条件=週休:× → 蹴球:7日 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
ピーマンとかけて、オイラのドラムと説くー。
20060205_102938.jpg
ご存じ無い方もいるかもしれませんが。

私、大学ではバンドサークルに所属しておりまして。


ドラムを叩いたりしてます。
いや、もう‘してました'って感じかなぁ。
(サッカーは社会人チームで活動してまーす。)


これでも、以前は叩きまくってたんですよ!


あっ、何、今のその反応。
みんな信じてないなー。

よし、証明してやろう。


♪ドンツト パンパーンッ ツダッツ パドパーンッ♪



あー。やるんじゃなかった。
思ったとおり、これじゃ逆効果だー。


まぁ、いいや。続けるよー。


さて。

ドラマやマンガに登場する打楽器奏者・ドラマー。
ダメキャラ・おもしろキャラの設定が多いですよね。

例えば。。


「ダメだっ!お前は下手だからタンバリン担当に変更っ!」 とか。

「いやぁ、楽器はカスタネットしか出来ませんよぅ(苦笑)」 とかさ。

「オレはかあちゃんの奴隷じゃないってーの!」 とか。

あぁ、これ↑は違うか。。
どっちかと言うとヴォーカル。
映画版だと良いヤツで頼もしくなるガキ大将だ。。



あとは例えば。。


メンバー内でドラマーだけ、上着はランニング一枚。 とか。

みんなカフェでオシャレに食事なのに。一人だけカレギュウ大盛り。 とか。

「NANA」(読んだこと無いです)ですら一人だけスキンヘッド。 とか。

LU■A S■A 5人の中、1人だけ顔のサイズが(略



まぁ、とにかく。

キレンジャー(カレー大好き)やパーやん(パーマン4号)的なイメージ。


それが世間一般的なドラマー像なのではないか、と。


うー、そうでもないのかな。。


いや、でもね、みなさん。


本当に良いドラマーは相当カッコイイんだよ!


男女問わず、僕の周りにも何人もいるもん。
年齢とかも関係なく、身近に見てきたし。


だからさ。
ドラマーの世間一般的なイメージの向上。
それを切に願ってやまないワケよ。

オイラがイメージダウンさせてるっていうご指摘はノー サンキューね。


でもまぁ、友人・後輩のライブ見に行くとたまーにね。

「君は今すぐ演奏を止めてランニングに着替え、
 カレギュウ大盛りを食べにでも行きなさい!」

みたいな対バンのドラマーを見ることもあるけどね。

あっ。「初心者ドラマー」ってことじゃなくてさ。
なんか佇まい・フンイキがあんまり。。みたいなさ。人のことね。


でもそれよりか。

「君たち、今すぐ演奏を止めて全員ランニ(略 」

みたいなバンドに出くわすことのほうが多いんだけど。。

※対バン = 当日、同じ会場でライブをするバンドさん。



でも確かに。
打楽器、ドラム。

吹奏楽器や弦楽器と比べると、確実に敷居は低いんじゃないかな。

素人でもすぐ音が出せるからね。

そりゃあ、叩けば絶対音が出るからねー。
ドンドコ、ドンドコ。



ちょ、ちょい待てヨっ!(ホリが真似するキムタク)


確かに「音を出す」のは簡単。

でもね。

「演奏する」のは凄く難しい。
「鳴らす」のも凄く難しい。。

この違いがデカイんだよなぁ。


んで、オイラの話ね。

今まで一度も「ドラム演奏してるぜぃ。鳴らしてるぜぃ。」
って感じは無かったかな。


はい、冒頭↑に戻ってー。

「ドラム演奏してます。」って書いてないでしょー。
「ドラムを叩いたりしてます。」でしょー!


そう、所詮ドラムセットに陣取ってるだけ。
そんなトコっスよ。


草サッカーでさ、キーパーがいなくてさ。
じゃんけんで負けた人がゴールマウスに立つでしょ?

それみたいなもの。
味方のメンバー、やりづらい、やりづらい。


えっ?例えが分かりづらい?



で、こんな無意味な駄文を書き散らかして。
結局何が言いたいのかと言うと。


実は日付変わって今日。
レコーディングするんスよ。

ドラムのね。

うん、エディー=マーフィーの吹き替え録音じゃなくてね。


実に4年振りのレコーディング。

んで、かなりテンパってまして。
実際不安でしょうがないの。


良いドラム演奏が納められたCDを聴いたり。
Polaris@日比谷野音のライブDVDを見たり。

やってることはテスト前の一夜漬けと一緒。

かなりマイっておりまして。

出来れば当日、スタジオ内にドラムの神が降臨してくれやしないかと。
願っている次第なんです。


↑写真は雑誌、relaxの楽器特集号からの1枚。

相武紗季 playing the drums.


こーいうコが身近にいたらさ。
もっとドラム必死に練習したのになぁ。



あぁ。どうか、神よ。
同じサークルの女子ドラマー達がこのブログを読んでいませんように。。



えーっと。ともかく。レコーディングだ。
みんなに迷惑かけないようにベストを尽しますよ。

実は完成品を聴くのが楽しみでもあるんだけどね。
ホントはちょっとね。


でも実際に相武紗季とスタジオ入ったらさ。

ドラムよりかはオイラを叩いてほしいやね。

「お前、ちゃんと教えろよー!」
とかさ。

「なんでお前、ドラム譜面読めないんだよー!」
とかね。


ん?表題について?
そのココロは?


「外身だけで、中身は空っぽ。」



おあとがよろしいようで。。
| leftyimpostor | Music | 05:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 05:01 | - | - | pookmark |









http://leftyimpostor.jugem.jp/trackback/49
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
誇り―ドラガン・ストイコビッチの軌跡
誇り―ドラガン・ストイコビッチの軌跡 (JUGEMレビュー »)
木村 元彦
憂国と、そこに生まれた
フットボーラーについての物語。
+ RECOMMEND
UEFAチャンピオンズリーグ 2004-2005 ザ・ゴールズ
UEFAチャンピオンズリーグ 2004-2005 ザ・ゴールズ (JUGEMレビュー »)

至福の120分。
つまらない映画を見るくらいならこれを見ろ!!
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE