左足のペテン師

ライン際からクロスをあげたり。
中に切れ込んでシュートを打ったり。
<< 2008年を振り返って | main | 連休。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
4周年に思うこと。
090118_2301~01.jpg
1月18日、23:00。


早いもので、交通事故から丸4年が経ちました。



赤信号。
交差点の先頭で待つ原付バイクの僕。


青信号に変わり、徐行して交差点の中央へ。
停車。

向かいより直進する対向車が通り過ぎるのを待ち。
右折するために再びアクセルに手をかけたところで。

僕からは死角となるカーブから速度を上げたまま坂を降り、
急スピードで交差点へ飛び込んでくるバイク便業者の大型バイク。


バイクのヘッドライトによる、強い光。
『アッ! やばい!!!』


相手のバイクに押されたまま、坂を滑り落ちる。
衝撃音と、全身にかかる重力


ガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガッ!!!!!!!!
『ヤバイやばいヤバイやばい アカンあかんアカンアカンあかんあかんアカン!!!』



重力が最大にまで溜まった段階で、
ハンドルから手が離れた。
ゆっくりと流れていくように見えた、夜空。

『あっ、こりゃあ死ぬな。』

そこで意識は一旦途切れた。


その後、僕は身体全体で感じる道路の冷たさで意識を取り戻し、
ゆっくりと目を開き、最初に歪な方向に曲がった、潰れた右手を目にした。

『やべぇ。今週の卒業かかったテスト、どうしよう。』

起き上がろうとして、力を入れたはずの利き足が地面を捉えられず、
左足の裏ではなく、左足の脛が地面に着いたことに気付いた直後に。
左足の踝がつぶれ、脛から足首が「ぶら下がっている」のを目にした。

『これはちょっと、、、しばらくサッカーはお預けかな。。。』

潰れたことによる変形と内出血により患部は腫れ始め、
利き手と利き足に巻いたおまじない代わりのミサンガが窮屈になる。
患部は紫色から、少しずつ青みを強めていく。

何度も失いそうになる意識が、焦点が合わさってくる痛みによって
その都度身体に引き戻される。


絶望、遠くなる意識、強い痛み。
痛みによりまた我に返り、どうしようもなく絶望する。


この後、自分が気付いていない頭へのダメージなどで、
死んでしまうのかもしれない。
という、鈍くて重い、恐怖に似た感情。



痛み、絶望。痛み、絶望。痛み、絶望。恐怖、遠ざかる意識、痛み。


その後、地面で痙攣したまま、
ぶつかった相手のバイク便ドライバーと、
彼が呼び寄せた同僚に罵声を浴びせられ、脅された。


救急車が来るまでの間、実家に電話をした。
救急隊員が電話に代わって症状を伝えるまで、
母と妹は僕の言っていることを信じなかった。



その後、僕を待っていたいくつもの出来事。


漸く到着した救急車の中や、
運び込まれた救急センターでの治療。

東京での短期入院。

ドラムとサッカーはできなくなるという診断。

麻酔が十分に効かない中での名古屋への搬送と再入院。

全身麻酔での手術。

体中に挿されたり、つながれたパイプや管。

我慢のできない痛み。

人からの裏切り。

改めて、ドラムとサッカーはできなくなるという診断。

現実に対する怒りと、裏切った人たちへの復讐心を糧にしたリハビリ。

一年後の再入院と手術。

再度のリハビリ。

手術跡。

そして今でも。そしていつまでも続く、患部の違和感と痛み。



そのどれもが最低で、最悪で。
自分の中で折り合いを付けるには、今のところ笑い話にするしか方法がない。


今になって、改めて思う。
いや、今でも、未だに思う。


僕はあの時、死ぬべきだった。
死んでおくべきだった。

僕は、死ぬことさえできない、クズだ。
ゴミ以下で、何の価値もない。


死ぬべきだった。死んでおくべきだった。死ねばよかった。死んでおくべきだった。
死ねばよかった。死んでおきたかった。なんで死ななかったんだ。死ぬべきだった。


おまえなんかあの時死んでおけよ、って思っているんだろう?
俺自身はもっと、 死んでおけばよかった って思っているよ。
いつもそう思っているよ。


僕は、自分の人生はあの時に「終わっている」のだと自分では思っている。

今の僕は、途切れなかった命の中を過ごしていているだけで。
まるで映画DVDの本編が終わった後の「特典映像」の時間のようだ。
「本編」である人生はあの事故でとっくに終わっているのだ。



夢なんてない。楽しいことなんて何も無い。嬉しいこともない。
本来死ぬべきだった人間がそんなことを追いかけてはいけないと思っている。



僕は残念ながら死ねなかった。

だからせめて、今まで迷惑をかけた分、
母親に対してはその「罪滅ぼし」をしなければいけないと思っている。

今はまだ「親孝行」の遥か手前、「罪滅ぼし」の中でも序盤のところだ。
それを達成することだけが僕が未だに命を与えられている理由であると考える。

だから、母の命が尽き、葬儀やら一連のタスクが済めば、
それ以降に僕にはやることは無いし、長生きしたいとも思わない。

だってあの時死んでおくべきだったのだから。



本来死んでおくべきだった人生で、どうやって落とし前を付けていいのかがわからない。


死ねばよかった死ねばよかった死ねばよかった死ねばよかった死ねばよかった。



年月が過ぎても、事故現場に来ると良い気分はしない。
気分が悪くなる。頭が痛くなる。



右手の骨や軟骨や筋力。間接の稼動範囲。
左足の内踝や、軟骨や間接の柔軟性。
それに連動した、あらゆる可能性。

無形、有形を問わず、無くしたものが多すぎる。


反対に何か得たものはあるのか?

わからない。
絶望と、手術跡と、痛みと違和感と不平と不満ぐらいか。




僕を裏切った人間や、これから裏切る人間には、
僕と同じような目に遭って、同じような痛みを感じてほしい。
あなたたちにも、どうか激しい痛みの中で絶望する気持ちを存分に味わってほしい。


そしてそんなことを願う僕には、
あれ以上の痛みと、絶望が与えられるべきだ。


あの時、死んでおくべきだった。

どうしてこうなってしまったのかがよくわからない。


あの時、死ねばよかった存在なのに。

| leftyimpostor | その他 | 23:02 | comments(1) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:02 | - | - | pookmark |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2009/02/10 1:00 AM |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
誇り―ドラガン・ストイコビッチの軌跡
誇り―ドラガン・ストイコビッチの軌跡 (JUGEMレビュー »)
木村 元彦
憂国と、そこに生まれた
フットボーラーについての物語。
+ RECOMMEND
UEFAチャンピオンズリーグ 2004-2005 ザ・ゴールズ
UEFAチャンピオンズリーグ 2004-2005 ザ・ゴールズ (JUGEMレビュー »)

至福の120分。
つまらない映画を見るくらいならこれを見ろ!!
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE