左足のペテン師

ライン際からクロスをあげたり。
中に切れ込んでシュートを打ったり。
<< サッカー日和 | main | さぁさぁさぁ!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
apart from the team
080601_1138~01.jpg
ご報告がかなり遅れましたが。

2週間前の開幕戦は2-1で我々が勝利しました!!

相手はほぼ毎年優勝争いをする、昨年のチャンピオンチーム。

聞くところによると、チーム創立以来、そこに勝利したのは初めてとのこと。
(以前に僕も出場した試合で引き分けたのは覚えていたのですが。)
10年越しの悲願達成。
ウチのチームキャプテンの喜びもひとしおです。

1失点はしたものの、不意のハンドによるPKであり。
試合中はほとんど守備が崩されることはありませんでした。
つまり、ウチの作戦、自分達のサッカーがガッチリはまったのです。


今シーズンのウチは去年から引き続き、4-3-3のシステム。
しかし、一番変わったのは守備のやり方。プレスのかけ方。

これまでは最終ラインでしっかりとブロックを作るゾーンディフェンスでしたが。
今年は一転、前線からひたすらボール(ボールホルダー)に対して
鬼プレスをかけるようになりました。
守備では誰も後方に余らず、
少しでも相手ゴールに近い位置でボールを奪取し、
そこからのショートカウンターを狙うサッカーです。
これを実行するには運動量と、全選手の連動性が必須なのですが。
年明けからの練習試合で繰り返した試行錯誤の結果がひとまず形になりました。
今シーズンはこのサッカーを貫き通したいと思います。



さて、そんな快勝した開幕戦で私‘左足のペテン師’は出番がありませんでした。

悔しいです。


理由としては色々挙げられますが、一言に集約すると自分の実力不足でしょう。。

ただこれで腐らず、練習、練習試合からしっかりやっていきたいと思います。
試合に出られずに悔しいのは僕だけじゃないのだし。

長いシーズンで、運動量が必須なウチのサッカー。
必ずチームの役に立てる時が来るだろうから。


↑写真は、試合終了後のロッカールーム。
この日、活躍の機会を与えられなかった僕の左足。


次こそは、必ず。
少しずつでも、もっともっとサッカーが上手くなりたい。

| leftyimpostor | - | 11:47 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:47 | - | - | pookmark |









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
誇り―ドラガン・ストイコビッチの軌跡
誇り―ドラガン・ストイコビッチの軌跡 (JUGEMレビュー »)
木村 元彦
憂国と、そこに生まれた
フットボーラーについての物語。
+ RECOMMEND
UEFAチャンピオンズリーグ 2004-2005 ザ・ゴールズ
UEFAチャンピオンズリーグ 2004-2005 ザ・ゴールズ (JUGEMレビュー »)

至福の120分。
つまらない映画を見るくらいならこれを見ろ!!
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE